Monthly Archives: 4月 2015

第4回公演チラシ!

第4回公演「カタロニアの風を詠む」のチラシを掲載します!

qulacoza4_ページ_1qulacoza4_ページ_2

 

 

 

 

もしプリントアウトする場合には、pdfの方がキレイです。

pdfファイル → qulacoza4

第4回公演の詳細については、こちら

第4回公演詳細!

音楽クラコ座 vol.4「カタロニアの風を詠む」

2015年6月6日(土)15:00〜 スタジオ・ハル

[一般]2500円・[学生]1000円
※会場が狭いため、できるだけご予約をお願いします。 → info@qulacoza.net

スタジオ・ハル
名古屋市千種区春岡1-25-1/名古屋市営地下鉄東山線池下駅下車徒歩5分

【プログラム】
M. マロンドラ:愛の幾何学*|Mateu Malondra: Geometría del Amor (fl/picc, cl/b-cl, p, vn, vc)
J.M. ギッシュ:…そして風の挽歌だけではなく*|… i no només el vent Elegy (fl)
J.M. ギッシュ:二つの俳句*|Two haikus (vn, vc)
M. オリウ:成し遂げられないプロファイル*|L’inabastable perfil (vn, p)
B. カサブランカス:導入、カデンツァ、アリア*|Introducció, cadenza i ària (vn, cl, vc, p)
R. ガルシア-トマス:[…] 私の燃えるような情熱を彼女に示してくれたなら […]
- モンテヴェルディの《星に対して彼は打ち明けた》にちなんで**|
[…] così mostraste a lei i vivi ardori miei […]
– After Monteverdi’s ‘Sfogava con le stelle’ (vn, va, vc)

※曲順未定
*日本初演/**世界初演

======================================

自主公演の通算4 回目にあたる今回は、スペインはカタロニア出身の作曲家による作品の特集を組みます。
現在欧州における音楽教育機関の雄、リセウ高等音楽院の作曲科教授を務めるベネト・カサブランカスは、本邦を含め世界中で作品が演奏されている重鎮です。また日本の俳句に強く影響を受け、エレクトロニクス音楽のエキスパートでもあるジョセプ・マリア・ギッシュや、イギリス在住の若手、ラケル・トマスなど盛りだくさん。グラナドスやガウディの故郷、カタロニアの音楽旅行をお聴き逃しなく!

※チケットはConfettiもしくは当サイトの「申し込みフォーム」よりご予約戴けます。