Monthly Archives: 9月 2019

岐阜公演終了しました!

9月26日に岐阜市のクララザール じゅうろく音楽堂で行われた「新しい音楽の扉を開こう!」(主催/サラマンカホール、公益財団法人 十六地域振興財団)は、満席の大盛況のうちに終わることができました。ご来場の皆様、そして企画していただいた主催者の方に厚く御礼申し上げます。

山本裕之の編曲によるクラシックの名曲集、そしてクラコ座のレパートリーであるカスティリオーニとマナヴの現代曲、というプログラム。膨大なアンケートを拝見すると、編曲がよかったというご意見に混じって、現代音楽の面白さをかかれた方が多くいらっしゃったのが印象的でした。やはり現代音楽は生で聴いていただきたいですね!

ムソルグスキー《展覧会の絵》から〈プロムナード〉。

サン=サーンス《白鳥》。

エズカン・マナヴ《ルードゥス・モダリス》。

ヴァイオリン江頭摩耶の詳しい解説付きでした。

アンコールはムソルグスキー《展覧会の絵》から〈キエフの大門〉。

演奏する時に立ち上がる演出付きです。

クララザールは席数100人あまりの大きさで、クラコ座の編成に丁度良いサイズなのですが、とにかく音がキレイで演奏しやすいホールでした。あまり知られていない岐阜の素晴らしいホールです。

なおピアニストはゲストの城寿昭さん。美しい音を聴かせていただきました!