リハーサル風景2

By | 2014年6月28日

リハーサル最終日、今日は斉木由美さんにいらしていただきました。

IMGP8860

 

 

 

 

 

斉木さんの《エピソードI》。ご本人いわく「スペクトル楽派の影響が感じられる」とのことですが、斉木さんの流麗かつ上品な響きが鳴り渡ります。

斉木さんのもう一曲《弦楽三重奏曲》はうってかわって、本公演で最も激しい作品、かつ難曲です。楽譜が隅々まで黒いです(笑)。かつての「アントモフォニー」シリーズをご存知の方は驚かれると思いますが、2008年の作品。そして今回が日本初演です!

 

さて、いよいよ明日は本番です!

Share on Facebook
[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks