「ヨーロッパの東端で」トルコ現代音楽リハーサル開始

By | 2018年2月9日

音楽クラコ座トルコ・プロジェクト2018「ヨーロッパの東端で」のリハーサルが始まりました。

 

チェロの佐藤光。チェロは毎回難曲を何曲も背負いこむ運命にある楽器です。今回もポリスチレン(発泡スチロール)を持って登場です。ヤヤラール、トングール、アルティネル、マナヴ作品に乗っています。

葛島涼子は、今回はバスクラリネット専門としてヤヤラールの新曲を演奏します。

フルートの丹下聡子。アルティネル、トング-ル、ヤヤラール作品の他、今回唯一のソロ曲であるドゥンダール作品を演奏します。

チラシには載っていませんが、今回はクラコ座初登場のクラリネット河野真子さんに賛助出演をお願いしています。ネムトゥル、トングール、アルティネル作品に出演して戴きます。この曲のピアノはレギュラーメンバーの内本久美。

Share on Facebook
[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks