丹下聡子 Satoko Tange (flute)

丹下bw_web丹下聡子(Satoko Tange/flute)

Born in Kanagawa. She obtained both her bachelor’s and master’s degrees from the Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music. She won a prize at the Kanagawa Student Music Competition and at the Nagano Aspen Music Festival in Japan. She received a scholarship to attend the Aspen Music Festival in Colorado in the States in the following year. She has concert activities as a soloist and as a chamber performer.

神奈川県立弥栄東高等学校音楽コース卒業。愛知県立芸術大学音楽学部音楽科器楽専攻管打楽器コース(フルート)卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了、博士後期課程修了。同大学初のフルートでの博士号取得。大学定期演奏会、卒業演奏会、読売中部新人演奏会等に出演。第7回ながの-アスペン音楽祭にて音楽賞受賞。翌年、奨学金 を得てアメリカ・コロラド州アスペン音楽祭に参加。講師の推薦を受けてYoung Artist Concertに出演した。ソロリサイタルは愛知県小坂井町、名古屋市ほかで開催。1999年~2005年には愛知シンフォニエッタのメンバーとして、新作室内オーケストラ作品の初演やバレエ公演に携わった。2002年に愛知県立芸術大学音楽学部25期生を中心に結成されたアンサンブル・カラヴィンカでは代表を務めており、これまでに11回の定期公演やチャリティーコンサート、子供のためのワークショップなどを行っている。2013年、大学より海外渡航助成を受け、フランスで資料調査を行う。2014年11月、第65回日本音楽学会全国大会にて研究発表。フルートを、村田四郎、酒井みさを、ネディン・エイシンの各氏に、室内楽を、菅原眸、中川良平、村田四郎の各氏に師事。現在、愛知県立芸術大学、名古屋大学非常勤講師。日本フルート協会会員、日本音楽学会正会員。

Share on Facebook
[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks