音楽クラコ座vol.11「トーカイ・サッキョクカ!#2」

2023年2月23日(木・祝)16:00開演(15:30開場)
愛知県芸術劇場小ホール→(地図
入場料:一般3000円、学生1500円(発売中)

【プログラム】
戸島美喜夫:アンヴァンシオン・ソノールII-弦楽四重奏のための(1971)
戸島美喜夫:アンヴァンシオン・ソノールVI-増巾器とエコーマシンをともなったチェロのための(1974)
戸島美喜夫:盆ならさまよ(2004)
坂田直樹:カンデラII(新作初演
小林聡羅:カンシオン(1994)
丹羽菜月:脱臼的解決II(2020)

※曲目は変更になる場合があります。

【出演】
磯貝充希(s-saxophone)
二川理嘉(violin)
戸島さや野(violin/guest)
江頭摩耶(viola)
野村友紀(cello)
内本久美(piano)
安野太郎(electronics/guest)

 芸術文化のドメスティック性は、情報化社会におけるグローバルな広がりに対するカウンターとしての重要性を増している。本公演は、一地方から生まれた文化芸術の独自性を確認する試みである。
 本国において、芸術文化の発信が人口の多い東京に集中していることは必然的であるが、その結果、必ずしも芸術の濃淡が首都圏と地方の間に横たわるわけではない。敢えて東京ではなく地方から発信する芸術家は、芸術の集中現象を客観視できるのみならず、意識的かつ批判的に活動することがある。そのため、地方の芸術文化は時として強い独自性を発揮することがあり、また文化の集中に対する批評性も持ちやすい。各地で行われる現代美術祭はその現れのひとつだろう。
 プログラムは2020年に亡くなった名古屋の作曲家、戸島美喜夫氏の作品を中心に据える。戸島氏は、かつて一世を風靡した即興演奏集団「グループ音楽」(東京)に所属し集団音楽パフォーマンス等を行っていたが、その後地元名古屋に戻り、「オブジェ・ソノール」という概念に基づいた音響実験的な性格を持つ作品群や、日本各地の民謡を元にした多くの作品を書くようになった。本公演では戸島氏の作品をご遺族の協力を得ながら調査し、民謡的、音響実験的な作品を演奏、若い頃を除いてほぼ愛知県を拠点に活動を続けた戸島氏の素顔に迫る。また現役の作曲家からは、芥川作曲賞や尾高賞などを受賞し、現在名古屋フィルのレジデンス・コンポーザーを務める坂田直樹氏の新作初演作品、また近年積極的な活動を展開する丹羽菜月氏、愛知県立芸術大学教授で叙情的な作品を多く手がける小林聡羅氏の珠玉の作品を取り上げる。

【チケットご予約・ご購入】
キャッシュレス事前決済:Peatix
ご予約で当日精算(現金のみ):当サイトからのご予約
チケットご購入:愛知芸術文化センタープレイガイド(アートプラザ内)

企画:山本裕之(音楽クラコ座)
助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団/公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団/名古屋市芸術文化団体活動助成

坂田直樹さんの新作

「トーカイ・サッキョクカ!#2」唯一の新曲は、坂田直樹さんに書いていただいたソプラノサックスのための「カンデラII」です。

この曲は、2022年に書かれたクラリネット作品のサックス版とのことですが、坂田さんはこの曲を書くに当たって、サクソフォンの運指を決めていくために奏者と協働がしたい、つまり「作品が出来上がってから曲をさらい始めるのではなく、制作過程そのものにも深く関わっていただくようなスタイル」を望まれました。これはまさしく、新作が出来上がるための重要なプロセスです。サックスの磯貝さんも「是非」ということで、実現したのが以下の動画です。

コロナのおかげ? でこのようなリモート作業も普通になりました。
2月23日の初演を是非お楽しみに!

戸島美喜夫《アンヴァンシオン・ソノールVI》で使用される「エコーマシン」とは?

戸島美喜夫《アンヴァンシオン・ソノールVI》は、「増幅器とエコーマシンをともなったチェロのための」という副題を持っています。

この「エコーマシン」とはなにか? というのがこの曲を再演する際の最大の問題となります。

1974年の初演を聴いた、当時高校生だった作曲家の伊藤祐二さんは、「音がポンポン跳ねる感じだった」と言われています。

そして作曲者のお嬢さん、戸島さや野さん(本公演にヴァイオリニストとしてゲスト出演されます)に、初演の音響を手がけた矢島正浩さんに問い合わせて頂いたところ「まったく憶えていない」とのことでした。

「日本の電子音楽」の著者である川崎弘二さんの助言をいただきながら、今回音響を担当する安野太郎さんと検討した結果、上記の伊藤さんの証言と合わせて、おそらく使用した機材はRollandのRE-201ではないか? と考えました。これは商品名をSpace Echoといい、輪になった磁気テープを録音ヘッドと三つの再生ヘッドの間でぐるぐる回しながらエコーの効果を作るものです。その場で録音された音がすぐに再生されるため、時差でエコーとして聞こえるわけです。当時、それを宇宙的(未来的)な効果と考え、Space Echoと名付けたのかもしれません。

この機種が発売されたのが1974年。それはまさしくこの曲が初演された年でした。チェロは当時名古屋フィル奏者の杉浦薫氏でした。

RE-201はヴィンテージの名機としていまでもヤフオクなどで売られていますが、きちんと動作するかわからないため、今回は安野さんが取扱説明書を元にMAXでプログラムを組み、このRE-201の再現に挑戦しています。